保健から


 節分に豆をまくのは、豆が「魔滅(まめ)」に通じ無病息災を祈る意味があるためです。しかし、豆ではなく、小石や五穀が使われていた時代もあります。今年は、コロナは明けたけれども、制限がなくなったことや例年になく寒暖差が厳しく、色々な病気が蔓延しています。「鬼は外」で払ってしまいたいものです。

豆での事故に気をつけて!


 節分と言えば豆まきですが、子どもはかみ砕いたり飲み込んだりする力が不十分なため、豆が気道に入りやすく、窒息したり、肺炎をおこしたりすることもあります。消費者庁では3歳ごろまでは食べさせない。とされていたのを5歳までと変更を呼びかけています。


意外に多い子どもの便秘


 子どもの便秘は意外と多いものです。便秘が続くとうんちをするとき、お尻が痛くなったり、肛門が切れて血が出たり、お腹が痛くなるため、うんちをすることをいやがってますます便秘がひどくなってしまいます。


それ、便秘のサインかも!

 『うんちが出ていてもこのような症状があれば便秘かも』


便秘解消対策!「生活リズムを整えて排便リズムをつくる」

  1. 食事の時間を決め、
  2. 就寝時間を決めて
  3. 早く起きて、

 バランスよく野菜をとる。しっかり寝る。 ゆっくり朝にうんちタイムを。


コンテンツ

さゆり保育園の紹介

さゆり保育園の保育

食事のこと

健康のこと

子育てひろば

入園手続き

個人情報保護規定

第三者評価

情報公開

保育園のまわりと地図

父母会・OB会

おたのしみ

サイトマップ

杉並さゆり保育園